賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性
賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性

賃貸住宅の入口を守るオートロック

ここ最近の流れとして賃貸住宅でも安全性や防犯性が選ぶ基準になっているケースが目立ちます。特に女性の一人住まいでは重要なポイントになると思うのです。始めて一人暮らしをする学生さんなどは、親御さんの希望もあり、できる限り防犯性の高い賃貸の住宅への入居を希望するのは当然かもしれません。では、そのような賃貸物件とはどのようなものなのでしょうか。まずは立地にあると思います。できる限り周辺が明るかったり、華美な繁華街などがない方がいいと思います。そして、建物自体の明るさだと思います。夜間でも常に明るく電気がついている。共同廊下や玄関、エントランス部分が明るいだけでも相当に違います。防犯性ならば現在では防犯カメラの存在は外せません。外から侵入をしたり、出入りする者を監視する役割がありますし、その役割ゆえ犯罪の抑止力にもなるはずです。そして何よりも、知らない者、入ってはいけない者を建物内に入れないという事が大切です。

エントランスにオートロックの集中制御の装置があるだけで、たやすく建物に入れません。今では建物内に入ろうとする人をカメラでも確認できますから、住んでいる人にとっては有り難く、心強いツールであると思います。室内からエントランスに来た人をカメラで確認できるので、不審だと感じたならば答えることはしなければいいですし、録画機能などもある場合があるので、不審に思ったら録画をしておけばいいかもしれません。不正に侵入しようとする者はできる限り排除する。これも非常に大切なことであり、抑止力にもなると思います。そして最近では共同廊下が開放式でなく、室内にある建物も増えています。建物に入るまではわかるが、そのあとの部屋までは外からでは窺い知ることができない。そうすれば女性の方でも心配なく暮らすことが出来ると思います。人感センサー式のライトなども今では多く出ていますから、可能な限り明るく、そして外からは見えない、入らせない。これが重要だと思います。

Copyright (C)2014賃貸住宅の入口を守るオートロックの重要性.All rights reserved.